いよいよ木枠の製作です!

DIYにおいて組み立てが一番楽しみです。


さて、組立てにあたり必要なモノだけ準備します。

それ以外は不要であり、作業の邪魔になり怪我にも繋がりますので片付けます。

【必要なモノ】

平らな場所
・木材
・木工用ボンド
・クランプ
・ウエス(水も一緒に)  
※ウエスとはボロ布です。ホームセンターに売っていますし
    いらなくなった服を使用してもいいでしょう)
・ボンドを薄く延ばす板(なんでも良い)
    ・コンベックス


準備ができたら製作開始です。
まず、

1.木材を並べ木枠を組みます。
枠2←この時にどの木をどこに取り付けるか決めます。
 (木は生きているので反りが発生するため、
 適切な向きがあるようですが私はまだ分かっていないので
 見た目がきれいな面を表にしています。)



枠3


←並べただけですが気が反っており、
隙間があるのが分かりますね。。



2.次に短い板の両端にボンドを塗り、薄くのばします。
枠4
←見ずらいかもしれませんが、ボンドが塗ってあります

















3.そして、両端から取り付けクランプします。
枠5←この時に、短い板と長い板の接合部に段差がないよう調整しながらクランプします。








4.ここで、枠がちゃんと長方形になっているかを2つの対角線を測り確認します。
対角線の寸法が2つとも一緒なら長方形に組めています。
枠8




←対角線測定中

枠7


←1353mm










枠6




←1352mm








ここで、ずれていたらどうしようと思いましたが

測定したところ、1353mmと1352mmで差は1mmと何とか大丈夫そうです。。

と、ここまでやって気付いたのですが、クランプを1本買い忘れてしまいました。。

しょうがないので、とりあえずは真中の一本も同様にボンドを付け固定し

後から、金具を買ってしっかり固定することにします。

両端のクランプが完了しましたら

5.はみ出ているボンドや机に付いてしまったボンドを濡らしたウエスでふき取ります。

6.後はボンドが固まるまで半日ほど放置します。

その間に、私は金具を買ってきます。。









で、金具と固定するのに必要なネジとネジを回すビッドを買ってきました。

 ・T字の金具 2個
 ・2.4×16mm 木ネジ(24本入り) 1袋
 ・ドライバビット
#1(2本入り) 1個

枠10
←ドライバビットの写真がないですね













さて、そろそろボンドが固まった頃ですのでクランプを外し金具を取り付けます。

7.金具の取り付け方は
 (1)金具を取り付ける位置に置き、金具の穴に丸を書きます。
枠11











枠12







 



(2)金具を取り外し、先ほど丸を描いた中心にφ1.5mmの穴を空けます。(貫通)
枠13


←φ1.5mmのドリルです。








枠14




←中心めがけて穴を空けます。
 この時、ドリルが木に対して
 垂直になるように注意してください。

←ドリルで穴を空けるときは当て木を
 しておくと作業台に穴が空くという
 不測の事態になりません。

枠15



←穴をあけましたが少し穴の位置が
 ずれてます・・・ 
 へたくそです(ションボリ)








(4)金具を取り付け、ネジを取り付けます。
枠16
←締める時に位置ずれを防止する
 為に 全てのネジを軽く締めます。










 
(5)インパクトドライバーで仮締めします。
枠17
←一気に増し締めすると金具がずれてしまい
  他のネジが取り付けれなく恐れがあるので
  金具が動くまで仮締めします。









(6)最後に増し締めします。反対側も同じように取り付け完成です。
枠18








これにて枠は完成いたしました。
次回はいよいよ有孔ボードを取り付けます。