ブログのデザインを弄ってしまったら過去の記事がずれてしまった・・・

htmlを勉強しないといけないですね。。


それはさておき、いよいよ有孔ボードを壁に取り付けます。


1.有孔ボードを取り付ける高さを決めます。
 
実際に枠を持ち上げて壁に貼り付けるとイメージがはっきりします。

2.有孔ボードの高さが決まったら、取り付ける柱にネジを片側のみ取り付けます。
有孔ボード11
ネジは何でもいいです。有孔ボードを支える為に一時的に付けるモノです。
3.真っ直ぐ・平行が出ている適当な木材を先ほどのネジの上に置き、
  さらに、その上に水平器を置きます。
水平器1


4.水平器を見て水平が出たことを確認したら、もう片方の柱にその位置に
  ネジを取り付けます。
有孔ボード10


取り付け終えるとこんな感じ↓で、お互いのネジの位置は水平が出ているはずです。
(ちょっと見にくいですが)
有孔ボード12


5.有孔ボードに枠と柱を固定するためのネジが通る様にφ8mmの穴を空けます。(6ヵ所)
有孔ボード13
枠まで穴を空けないように気をつけます。


6.先ほど空けた穴から今度は枠にφ3.5mmの貫通穴を空けます。


7.有孔ボードを先ほど取り付けたネジの上に仮置きし、横位置を調整します。


8.[ 6.]で空けた穴にネジを刺し込み、柱にネジの取り付け位置を印します。
  印をつけるのは有孔ボードの真ん中ののみでいいです。
有孔ボード15
ネジではなく、ドリルの刃でもいいです。
本来は6か所印をつけたいところですが、一人では有孔ボードを支えつつ
6か所に印をつけるのが不可能ですが、お手伝いの方がいれば
6か所すべてに印をつけてもいいです。

9.有孔ボードを下ろし、先ほど印した位置にφ2mmの下穴を空けます。


10.有孔ボードを再びネジの上に乗せ、横方向の位置を調整した後
  [9.]で下穴を空けた位置にネジを刺し込み柱を枠を固定します。
有孔ボード17
ここまで出来れば、有孔ボードを支える必要がなくなるので
後の作業が楽になります。

11.残りの5か所は枠が邪魔して、枠の上から下穴を空けます。
有孔ボード16

有孔ボードが邪魔をして下穴が空けずらいですがドリルの刃が届く所まで空けました。

12.残りの5か所をネジで固定して完成です!
有孔ボード14


さっそく有孔ボードにフックを取り付け、工具を並べてみました!
有孔ボード18

いい感じです!



これにて有孔ボードの取り付けは完成です。

次回は有孔ボード作って思ったことを書こうかな。。