今回は倉庫の片隅にある台車を製作をします。
マイ工房のコンセプトとして、必要なモノを必要な時に用意するということで
普段使わないものは片隅に置きたいですが、重量があるものは移動させるのが困難です。
今回はコンプレッサーを乗せる台車作りにトライしてみます。

1.設計図

まずは、設計図を書きます。台車図面

設計図をみてもピンと来ないと思いますが
先に完成品を見てもらうと多少なりとも分かると思います。

2.木取り図

設計図をもとにどの寸法の板が何本いるかが分かったので
木取り図を書きます。
台車木取り図
これを見ると、
1×4材 12フィート 1本
1×4材 3フィート 1本
2×4材 12フィート 1本
あれば材料は足りる事が分かりました。
なので、早速材料を購入し、カットします。
---------------------------------【余談】--------------------------------
木取りをする際はなるべく長い寸法の木材から取るようにしましょう。
というのは、同じ1×4材 の木材でも微妙(1mm前後)に縦×横×高さ寸法が異なるからです。
なので、ここの寸法は揃えたいというのがあれば1本の木から材料を取るようにするとよいです。
私も天板にあたる部分は1本の木から取るように木取りをしました。
---------------------------------------------------------------------------

3.材料調達

私の材料調達は地元のバローホームセンターばかりですが
ここのいいところはバローカードを持っていると10カットまでは無料で出来る事!
今回は22カットだったので12カットのお値段でカットが出来ました。
1カット 30円なので300円得しました。。
台車01
(左からA,B,C,D,E,F,G,H)

4.組立て

さて、カットが終わったので組立てに入ります。
正直どこから組んでいいか手探り状態なのでこれで正しいかは分かりませんが
とりあえず組んでいきます。

(1)GとHの組立

いつもの接着剤でGとHをくっつけクランプします。
台車03
台車04

仮止めの意味合いの接着剤なので10分程度たったらクランプを外し、
下穴(φ3mm)を8か所あけます。
台車05
(拡大)
台車06

φ3.3×45mmのネジで8か所固定します。
台車07

少し、側面が飛び出てしまったのでカンナでフラットにしごまかします。。
台車08

隙間が空いているのがわかるかな。。
台車09
(接着剤を使うとあせってしまうのでいけませんね。。というか接着剤を使わず
クランプして位置ずれを防止すればよかったと今になって後悔しています。。)

---------------------------------【余談】--------------------------------
カンナが使えるとかなり便利です。
私は今まではみ出た部分はヤスリで削って平らにしようとしましたが
どう頑張っても、平らになりません。やっぱりカンナでやるのが一番ですが
初心者の私には難しいですがそれなりに調べて何とか使っています。
皆さんもカンナを使えるようになると製作の幅が広がりますので頑張ってみてはいかがでしょうか。。
---------------------------------------------------------------------------

(2)EとG,Hの組立+C,D,Fの組立

いつもの接着剤をEに塗り、クランプし固定します。
台車10
台車11

接着剤がくっつくまでの間にCとDをトリマーで小口を面取り(R3)します。
(ヤスリでも構いません)
台車12
台車14

befor
台車13

after
台車15
---------------------------------【余談】--------------------------------
私はトリマーをほとんど面取り用にしか使っていませんが
やっぱり綺麗ですし、プロのような仕上がりになります。
買ってよかった道具ベスト3に入ります。。
---------------------------------------------------------------------------

先ほどのCとDを並べます。
台車16

ネジで固定します。
台車17

Eがくっついたらひっくり返します。
台車18

Fを中央にくるように乗せ、位置ずれ防止用にクランプします。
台車19
 
φ3mmの下穴をあけるので、ドリルガイドを用意し図ぐらいの深さになるように穴をあけます。
(垂直に穴をあけれるならドリルガイドは不要です)
台車20

穴をあけたら、φ4.8×90mmのネジで固定します。
台車21
台車22

Eを固定するためにφ3mmのドリルで下穴をあけます。下穴は図ぐらいの位置にし
目印にマスキングデープを貼ります。
台車23

下穴をあけ
台車24

φ4.2×65mmのネジで固定します。
台車25
---------------------------------【余談】--------------------------------
実はこの部分の固定は頭を悩ましました。
なぜなら、他のネジと干渉するからです。どうやって干渉を回避しようと頭を悩ましましたが
結局、干渉しないように5mmほどずらしてネジを打ち込みました。
結構シビアでしたが何とかなりました。。
---------------------------------------------------------------------------

ついでに、強度アップのためもう4か所ネジを取り付けました。
台車27

(3)GとEとCの組立て

Gに接着剤を塗ります。
台車29

EとGをクランプします。
台車30

くっついたらひっくり返します。
台車31

Cを置きます。(ちょっと板が届いていませんが後で直します)
台車32

ネジを取り付けるところに墨入れをします。
台車33

---------------------------------【余談】--------------------------------
写真に写っているのは『ラクダ ツーバイフォー定規』です。
1×4材や2×4材などで製作する時に穴あけ位置等が簡単に墨入れできます。
かなりお勧めです!amazon等で購入できますので一度試してみてはいかがでしょうか。。
---------------------------------------------------------------------------

位置ずれをしないようにクランプしながら、φ3.3×45mmのネジで固定します。
台車35

Eの側面にφ3mmの下穴をあけます。
台車36

φ4.2×65mmのネジで固定します。
台車37

反対側も同様にネジで固定していきますが、Cが浮いてしまうところがありました。
台車38
クランプしなかったことと、下穴をあけずにネジを打ったためだと思います。

ネジを外し、クランプしなおしてネジこんだところ、ヒビが入ってしまいましたorz
台車39
そこまで、大きくないのと負荷がかかるような場所ではないので今回はこのままいきます。
(気休めでもいいから接着剤を入れておけばよかったかな)

さて、残りも同様に固定したいのですが、Eが傾いているためにCの位置があっていません。
台車40

そんな時は、クランプで締め込んで位置を合わせます。
台車41

この状態で先ほどのようにCの板が浮かないようにクランプしてからネジで固定します。
台車42

(4)丸面ナットの取り付け

台車ですのでタイヤを取り付けます。
取り付けるにあたり、アジャスタ機能(高さ調整)付きのタイヤを選びましたので
埋め込みタイプの丸面ナットと丸面ナットを固定するネジを購入
台車43

---------------------------------【余談】--------------------------------
タイヤですが、固定タイヤ2個と自由タイヤ2個にしたかったのですが
店頭に売っていなかったです。自由タイヤ4個だと曲がるときにドリフトして
操作が大変ですがそこまで重たくないしいいかな。。(いい加減)
---------------------------------------------------------------------------

ナットを埋め込むために、穴をあける位置に墨入れ
台車44

φ14mmのドリルで穴あけ
(写真は間違ってφ12mmであけてしまっています。。)
台車45

穴の方が小さいので、ハンマーで叩いて丸面ナットを入れます。
台車46

丸面ナットをネジで固定するのですが、間違って皿ビスではないネジを購入してしまいました。
台車47

まぁ、何とかなるだろうと思いそのまま使いました。(いい加減な性格ですいません。。)
台車49

(5)Aの固定

Aに接着剤を塗った状態で、上面より半分(44mmぐらい)ほど飛び出るように調整しクランプします。
一人ではかなり難しいので誰かに手伝ってもらうといいでしょう。
台車50

だいたいくっついたら、片方のクランプを外します。
台車52

クランプを外すのが早かったのかくっついていませんが、反対側のクランプのおかげで
動かないでいてくれました。(隙間があいているのが見えづらいかも)
台車53

穴をあける位置に墨入れします。
台車55
台車56
φ3mmのドリルで下穴をあけます。
台車57

 φ3.3×30mmのネジでAを固定します。
台車54

長いネジだと他のネジに干渉してしまうので短いネジを使っています。
その代わりに、たくさん打ち強度アップを図っています。

(6)Bの固定

Bを固定する前に、所々板が飛び出ているのでそのままBを取り付けると
浮いてしまいます。
台車58

なので、カンナで削って飛び出ている個所を失くします。
台車59

平らになったところで、Bをクランプします。
台車60

ネジを取り付ける位置に墨入れをします。
台車61

φ3mmのドリルで穴をあけます。
台車62

ネジで固定します。(おまけに追加でネジをつけました。)
台車63

外枠はこれで完成。
台車64

(7)タイヤの取り付け

最後にタイヤを取り付けて完成と思ったのですが、タイヤのボルトが途中で止まってしまいました。
どうやら、丸面ナットを取り付ける際にあけたφ14mmの穴の深さが浅かったようです。
ボルトの長さまで考えていなかった。orz
これまたしょうがないので、入るところまで入れナットで固定して・・
台車65

完成です!
台車66

コンプレッサーを入れてみましたが寸法ドンぴしゃ!
というか隙間が空くはずだったのにドンピシャとは一体・・・うごごごご
何はともあれうまくいって良かったです。
台車67


防腐も兼ねて塗装でもしてみようかなと思ったこの頃です。