サラリーマンの私は土日が基本休みなので
木工も当然土日に限られる。限られた時間で木工をやるには
いろいろな工具に頼ってしまいます。おかげで、工具の種類が増えてきました。
そこで、今回は私が持っている工具を軽く紹介しようと思います。
今回は切る工具です。

1.丸のこ

丸のこ
メーカー:マキタ
型式:M585

私がDIYを初めてから初めて買った電動工具です。
当時の私は何を買ったらいいか分からなかったので、高いものを買っておけば
間違いはないだろうという思いでこれにしたと思います。
強いてこれにした理由としては、
 ・アルミベースだった(変形に強い)
 ・ブレーキがついていた(直ぐに止まってくれると安全)
 ・マキタだった(何となく好きなメーカ)

だからです。

買って思ったのは
 ①キックバックが怖い
丸のこは上手に使わないとキックバックという現象が起き、怪我する恐れがあります。
キックバックの仕組みについて調べはしましたが、やはりいざ使うと怖さがあります。

 ②意外と出番がない
ホームセンターでほとんどカットを依頼していたので家でカットすることがあまりありませんでした。
ただ、汎用性は随一なので丸のこを使いこなせれば出来ないことはほとんどないと言われています。

お勧め度:☆☆☆

2. 卓上スライド丸のこ

スライド丸のこ

メーカー:日立工機
型式:C7RSHC

次に購入した電動工具です。レーザーが付いており、少し大きめの木が切れる、キックバックが
起きないので安全性が高いということから購入しました。当時は丸のこを買うぐらいだったら
こっちを買っておけばよかったと後悔していました。しかし、今では丸のこの出番も時々あるので
後悔はしておりません。

買って思ったのは
 ①簡単に真っ直ぐ切れる
スライド丸のこは上手にガイドに沿って切らないと斜めに向いてしまうことがあります。
しかし、スライド丸のこはスライドさせてやれば簡単に真っ直ぐ切れます。
そして何より安全性が高い。。

 ②角度切りが簡単
卓上丸のこの特徴として角度切りが簡単にできる事です。
額縁づくりにはもってこいです。

 ③レーザーを見ない
これは私だけかもしれませんが、カット位置確認レーザーを調整しても本当に刃の位置が
あっているのかつい刃の位置を墨線に合わせて確認してしまいます。これだったら、
安価なモデルでも良かったかなと思いました。

 ④もう少し大きいのが欲しい
これまた人によりますが、時々大きいサイズを切りたい時があるのですが
スライドする距離分しか当然切れません。もうプラス3万円ぐらいだして、上のモデルを
買っておけばよかったかなと思いました。とは言え、そんなことを言ったらキリがないですが。。

 ⑤意外と出番が少ない
結局ホームセンターでカットしてもらうことが多く、意外と出番が少なかったです。
しかし、ホームセンターも万能ではないので微調整で使うことが最近は増えてきたかなと思います。

お勧め度:☆☆☆☆
 

3.ジグソー

ジグソー

メーカー:マキタ
型式:M421
在庫処分品で3000円で売っていたものを衝動買いしてしまいました。
曲線切りする時に使うかなと思いましたがその機会がなかなかなく
出番が少ないです。

使った感想は
 ①切り口が直角にならない
ジグソーの構造上仕方がないと思いますが、刃の固定は片方のみです。
その為、切ってる最中に刃を横方向に動かすと刃が曲がり直角はでません。
治具等で工夫して使用すればある程度は直角にはなると思いまいますが
精度がいるところでは注意しましょう。

 ②怖くない
丸のこと違ってキックバックの恐れがないので比較的安心して使えます。
ただし、刃が折れたり外れたりする可能性がありますのでゴーグルなどを着用したりと
安全対策は怠らないようにしましょう。

 ③荒木取りが早い
精度が要らない時や適当な長さに切る時はスピーディーに切れます。
また、一部の機種にはオービタル機能といって刃が上下だけでなく 前後にも動き
早く切れるようになります。ただし、切断面は荒くなるので注意が必要です。

 お勧め度:☆☆
 

4.ノコギリ

ゼットソーⅢ265

メーカー:岡田金属工業所
型式:ゼットソーⅢ265
ノコギリ選びに迷ったら取りあえずこれを買っておけばまず間違いはないと思います。
類似品でゼットソー265という横引き専用のノコギリもあります。DIYでは大半が横引きになりますので
そちらでも問題はないと思います。

お勧め度:☆☆☆☆☆

5.銅突ノコギリ

胴突ノコギリ

メーカー:中屋
型式:D-150C
ノコギリは横方向に力を入れるとしなりますが、
胴突きコギリは背に補強がされており、簡単にしならないようになっています。
その為、精密な加工をする時に重宝されます。
ただし、大きいものを切る時は背に補強されている金具が邪魔をして
切れないことがあるので注意が必要です。

お勧め度:☆☆☆

6.ダボ切りノコギリ

ダボ切り

メーカー:高儀
型式:Xビーム替刃式ダボ切
ネジを隠したい時にダボを入れ、ダボを切る時に使用するノコギリです。
ゼットソー265の違いはアサリがないことです。
アサリとはノコギリの刃が交互に外側に開いていることをいうそうです。
引用:http://z-saw.co.jp/04_faq_top.html#a11(岡田金属工業所)
試しに見てみると確かにそうなっていました。

ゼットソーの刃(アサリ有)
アサリ2

ダボ切りの刃(アサリ無)
アサリ3

アサリがないので木に押しつけて切っても傷つけにくくなっています。
アサリ1

お勧め度:☆☆☆☆
 

次回は削る工具を紹介したいと思います。

梅雨がなかなかやまないこの頃です。