ノコギリで真っ直ぐに切るのは熟練のテクニックが必要です。
精度のよい丸ノコで切れば真っ直ぐ切れますが、
丸ノコが使えない場合が時折出てきます。
そんな時には真っ直ぐ切れる治具があると大変便利です。
ネットでマグネットにノコギリを貼り付けて真っ直ぐに切るという治具を見つけましたので
私も試しに作ってみることにします。 

1.図面

ノコギリガイド図面

治具を作るにあたり、木材はパインの集成材を選定しました。
治具は精度が大事なので反りやすい無垢の木材は避けたほうが良いでしょう。
集成材以外であればベニア合板でも良いと思います。

 

2.加工・組立て

 材料をスライド丸ノコで切る前に、直角が出ているかスコヤで確認します。
いつの間にかずれていて痛い目にあったことがあるので
使用前には確認するようにしましょう。
ノコギリガイド001
ノコギリガイド002

 精度を確認したら、所定の寸法にカットします。
ノコギリガイド003
 
ボンドを塗布して、 くっつけクランプします。
ノコギリガイド004
ノコギリガイド005

この時、①が基準面から飛び出ないように注意します。
気持ち引っ込み気味でも問題ありません。 
ノコギリガイド007

そこそこくっついたら、ビスで三箇所打ち付けます。
ノコギリガイド006

 精度良くカットできていれば直角になります。
ノコギリガイド008
 
次に粘着付マグネットを貼り付けます。
ノコギリガイド009

 
所定の大きさにマグネットを切り、貼り付けクランプします。
ノコギリガイド010


マグネットがくっつくまでの間にアクリルを用意します。
ノコギリガイド011
ノコギリガイド012


マグネット側に接着剤を塗布し、アクリルを貼り付けます。
ノコギリガイド014

その後はクランプで接着剤が固まるまで待ちます。
ノコギリガイド013

ちなみに、アクリルを貼り付ける理由として
 (1)ノコギリのアサリ部分でマグネットを削るのを防止するため
 (2)マグネットが思ったより強かったので、少し弱めるため
です。

接着剤が固まったら完成です。
ノコギリがマグネットに引っ付いているのがわかるでしょうか?
この状態で切れば、真っ直ぐ切れるはずです。
ノコギリガイド015

初めて治具を作りましたが、思ったよりいい出来で満足しています。
ただ、全長がちょっと長く使いづらいかもしれません。
200mmで作りましたが150mmでもよかったかも。。

最近作品を作っていないこの頃です。