前回の記事の宣言どおり、フォトフレームを製作します。
タイトルを~(1個目)としたのは今後もたくさん作っていくつもりなので1個目とさせて頂きました。
初めて作るのでうまくいくか不安ですが頑張ってみます。

 

1.設計図

フォトフレームL判_1_設計図

フレームといってもどのように作るか悩みましたが
せっかく作るので45°のフレーム構造に挑戦してみます。
※注意:L判の寸法を勘違いして、くり貫きの寸法を間違えています。。 
    誤:125mm 正:123mm 

2.材料調達

いつもはパインの2×材ばかりを使用していたので今回は「赤松」にしました。
というのは建前で、欲しい横幅、厚みにカットする技術がないのでサイズでこれを選びました。。

3.加工・組立て

まずは、いつものごとく材料をカットするのですが
今回は精密な加工が必要とされるので、調整ができるように
10mm長めにカットします。
フォトフレームver1_007

次に、裏板を取り付けるための溝をトリマーで掘ります。
(この溝を掘ることを段欠き加工というらしいです。)
いざ掘ろうとすると、材料が小さく固定がしづらいため苦戦しています。
フォトフレームver1_005

うまくクランプできないか考えていましたが、
「当て木に材料を当てればいいじゃね」ということを思いつき
やってみたところ、だいぶ作業しやすくなりました。
フォトフレームver1_006

こんな感じで、4つのフレームを掘りました。
フォトフレームver1_001


ここから、45°に切るのですがせっかくのスライド丸ノコなので
テーブルを45°に設定して切ることにします。
フォトフレームver1_008

とはいえ、本当に45°になっているか端材で試し切りをしてみました。
フォトフレームver1_009

端材をくっつけスコヤを当てると、結構いい感じに切れているので、45°が出ていそうです。
フォトフレームver1_010

というわけで、本番フレームを45°に切ります。
1回目は適当に切ります。適当といっても寸法以下に切断しては駄目ですよ。
フォトフレームver1_011


2回目は寸法をきっちり測り、墨線通りに切断します。
フォトフレームver1_012
この時に、切る角度を間違えないように注意しましょう。
(実は一回間違えました。。。)

切り終わったフレームを並べて、ピッタリ一致しているか確認しましょう。
寸法が多少違っているのは問題ではなく、同じフレームが2個できていることが大切です。
もし、違っていたら再度丸ノコで調整しましょう。
フォトフレームver1_013
フォトフレームver1_014

さて、長さが問題なかったらいよいよ接着です。
接着するに当たり、今回はベルトクランプを用意しました。
フォトフレームver1_016

まずは、接着面にボンドを塗ります。
フォトフレームver1_017

フレームを並べ、ベルトクランプでがっちりと固定します。
この時に、フレームに段差がないか調整しながらクランプしましょう。
フォトフレームver1_018

フレームが固まるまでの間に裏板を作ります。
まずは、裏板の寸法を知るために、裏板をはめ込むところの寸法を確認します。
図面どおりに加工できていれば、図面どおりの寸法になっているのですが
私の場合はちょっと削りすぎていたようで図面より1mm大きくなってました。
フォトフレームver1_003

測り終えたら、シナベニア合板を1mm小さいサイズで切断し裏板を作ります。
フォトフレームver1_002

切り終わったら、実際に嵌めてみます。
ちょうどいい感じだったらOKですが、少しキツイようなら再度丸ノコで調整します。
フォトフレームver1_019

そんなこんなやっているうちに、フレームが固まってきたようなのでクランプを外し、
表面をやすり掛けをして、表面を綺麗にします。
フォトフレームver1_020

裏板を止めるために、トンボと呼ばれる部品を取り付けます。
フォトフレームver1_021

サイズが小さいので2箇所だけで止めることにしました。
(貧乏性なので・・・)
フォトフレームver1_022

写真を入れて完成と思いきや、フレームを落っことした際に1箇所
接着部が割れてしまいました。。
元々、45°に切断されていると思いきや僅かに隙間があったせいかもしれません。
また、写真を入れてみると切抜きと写真のサイズがギリギリで不安定でした。
もう少し余白を大きくしたほうが良いみたいです。
フォトフレームver1_004

いろいろありましたが、一先ずは写真を入れて完成です!
まずますの出来ですが、45°の切断がいまいちななのが心残りです。
フォトフレームver1_023

次は割れないように強度アップを図るとともに、もうちょっとデザインをかっこよくしたいと思います。

早く冬休みにならないかと思うこの頃です。