マイ工房が手狭になったのでちょっと整理のため簡単な棚を設置します。

設置場所

工具置場の下が空いていたので、この位置に設置することにしました。
棚受け004

材料調達

木材

使用する材料はいつものごとく、SPFです。
やっぱりお値段が安いので助かります。
ホームセンターで材料をカットしてもらいます。

棚受け

Lアングルでもよかったのですが、意外とお値段がしたので
棚受けを買ってきました。
棚受け009

加工・設置

柱の逃がし

そのまま棚を設置しようとすると柱と干渉するので柱の逃がし部分を加工します
棚受け003

加工するときは以前に作った『ノコギリで真っ直ぐに切れる治具』を使用します。

治具を墨線に合わせてセットします。 
棚受け005

治具にノコギリを引っ付けてカットします。
棚受け006
棚受け007

反対側も同様にカットします。
棚受け008

棚受けの取り付け

まずは、取り付けたい位置に棚受けをネジで1本だけ付けます。
このネジは最後まで締め切らないようにして下さい。
棚受け010

次に棚受けの上に水平器を乗せて、水平になるように棚受けを動かします。
棚受け011

水平になったところで、棚受けの残りの穴にネジを打ち込んですべて固定します。
棚受け012

反対側も同様にして取り付けます。
棚受け013

 今回は強度面に不安があったので真ん中にも棚受けを取り付けました。
ただ、水平器を乗せてみると水平は出ていませんでした。
どうやら、水平を確認する板が厚みがなく反っていたようで
その状態で水平を出したためにずれたようです・・・
もう1つ棚を付けるのでその時にリベンジします。
棚受け015

丸のこの刃の逃がし

棚が出来たので丸ノコを置いてみましたが刃が飛び出ていることを忘れていました。
おかけで、すごく落ちそうです。今から棚を外すのは面倒なので
このまま丸のこの刃の逃がし加工をします。
棚受け016

逃がす箇所に墨線を入れます。
棚受け017

墨線の角に穴をあけます。
棚受け018

その穴にジグソーを入れて、切るつもりでしたが、壁が邪魔して
もう一方が切れませんでした。
棚受け001

そこで、フォスナービットを使ってを穴をあける作戦に変更しました。
今回使用したのは25mmのフォスナービットです。
棚受け021

大きい穴をあけるときに普通のの木工ドリルではお値段が高い(2000円ぐらい)です。
フォスナービットなら半額ぐらいで買えます。ただし、深い穴はあけれないですが
今回のような厚み20mmぐらいなら大丈夫です。
とはいいつつも、パワー(トルク)が必要なのでインパクトドライバーや
パワーがあるドリルドライバーで穴をあけると良いと思います。

さっそく穴をあけていきます。
棚受け020

穴はあきましたが凸凹しています。
棚受け022

そこで、やすりで力技で平坦にします。
棚受け023

完成

綺麗になったら丸ノコを再度セットしてみます。
綺麗に収納できました♪
棚受け024


他の工具も置いてみました。
仕切りを置いたほうが綺麗に見えそうですが、今回はここまでとしもう1段作ります。
棚受け025

棚をもう1段追加

やり方はさっきと一緒ですが水平だしだけはさっきと異なり
反りが少ない□40mmの角材で基準を出しました。
棚受け027

さっきよりは綺麗に水平が出ましたが
並べてみると明らかに上の棚が斜めになっているのが分かりますね。
皆さんは私みたいにならないように注意しましょう。。
棚受け002


棚受けではなく棚を作ればよかったと思うこの頃です。



  にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村