髭猫さんのノンビリDIY

DIY初心者の私が日々成長?していく軌跡を残せたらと思います。。

治具

サークルカット治具の製作

集塵機を購入したので専用の台車を作ろうとしたのですが
設計上大きな円のくり貫きが必要となりました。
しかし、大きな円を切る道具がありません。
いろいろネットで調べるとトリマーをコンパスのように動かし
大きな円をくり貫いているのを見つけました。
これなら自分でも出来そうだったので早速作ってみます。

1.図面

サークルカット治具_図面

私の持っているトリマーは
マキタの『3707FC 』というトリマーで都合よく4隅に穴があったので
これを利用し治具を取り付けます。 
サークルカット治具001
 続きを読む

トリマー用ストレートガイドの製作

溝入れ加工をする機会が増えてきましたが
トリマーガイドが届かない場面が出てきました。
そこで、今回はストレートガイドを製作します。

1.材料

ストレートガイド002

材料は端材で余っていたラワン合板を使用します。
(1)ラワン合板 500×150×10mm 
(2)ラワン合板 500×100×10mm 

※今回使用した合板の厚みは10mmですが後ほど説明するとおり5mmのほうが良いと思います。
※長さは500mmと長めにしてありますが、もう少し短いほうが使い勝手は良いかもしれません。

続きを読む

トリマーガイドの延長治具の製作

最近、トリマーで溝入れ加工をする機会が増えてきました。
溝入れ加工をする際は、トリマーガイドを装着し、端面を走らせて削るのですが
削る最初と最後が少し曲がってしまいます。
原因はトリマーガイドが短く、端面にうまく当てられないからです。
だったらトリマーガイドを長くすれば良いジャンということで、延長治具を製作します。

1.材料準備

用意する部材は
 (1)ラワンベニヤ合板
 (2) アクリルサンデー
です。

トリマーガイド013

続きを読む

ノコギリで真っ直ぐに切る治具の制作

ノコギリで真っ直ぐに切るのは熟練のテクニックが必要です。
精度のよい丸ノコで切れば真っ直ぐ切れますが、
丸ノコが使えない場合が時折出てきます。
そんな時には真っ直ぐ切れる治具があると大変便利です。
ネットでマグネットにノコギリを貼り付けて真っ直ぐに切るという治具を見つけましたので
私も試しに作ってみることにします。 

1.図面

ノコギリガイド図面

治具を作るにあたり、木材はパインの集成材を選定しました。
治具は精度が大事なので反りやすい無垢の木材は避けたほうが良いでしょう。
集成材以外であればベニア合板でも良いと思います。

 続きを読む
記事検索
  • ライブドアブログ